未分類

札幌でNIPT(新型出生前診断)が受けられるクリニックまとめ!

妊娠しているすべての母親が望むこと、それは「赤ちゃんが無事に産まれてくれること」です。

おなかに中にいるからこそ、実際に子供の健康をこの目で確かめることができないため、多くの方は新型出生前診断(NIPT)を利用します。

これはすべての人に必要なものではなく、エコー検査などで詳しい検査が必要と医師が判断した妊婦さんや、合併症やハイリスク妊娠の可能性がある方に限ります。

赤ちゃんの先天異常や早産の可能性を知ることができ、起こり得る様々なトラブルを事前に回避し、専門的な診療が必要な方を助けるためのものです。

この記事の中では、札幌で新型出生前診断(NIPT)ができるおすすめのクリニックをご紹介していきます。

是非、クリニック選びの参考にしてみてください。

札幌の新型出生前診断(NIPT)のおすすめはここ!

医療法人社団 石史山会 ゴールデンゲートクリニック

札幌市で整形外科専門として有名な、ゴールデンゲートクリニック。

NIPT平石クリニックの提携院として、新型出生前診断(NIPT)の対応もしてくれます。

関東地方などに比べると、まだまだ新型出生前診断(NIPT)対応のクリニックが少ない北海道内で、安心して受検できると話題です。

ゴールデンゲートクリニックは、地下鉄の出口とも直結しているため、アクセスの良さの魅力の一つ。

通いやすさと実績の高さで、妊婦さんたちの信頼を得ています。

検査費用:18万円(税抜)
検査条件:妊娠10週目以降、年齢制限なし
羊水検査費用:陽性の場合、病院側が全額負担
検査結果:最短6日後
検査項目:13・18・21トリソミー診断、性別判定
紹介状:不要
検査方法:母体からの採血、量10ml程度
検査精度:99%以上
住所:北海道札幌市中央区大通東4丁目1-19 大通東やまむらセンタービルB1F
診療時間:(月~金)9:00~13:00/15:00~18:00 (土)9:00~13:00

札幌の新型出生前診断(NIPT)の認定施設一覧

北海道大学病院

検査費用:不明
検査条件:医療機関からの申し込み、妊娠10週以降、夫婦のいずれかが、染色体異常の保因者である、高齢妊娠
住所:北海道札幌市北区北14条西5丁目
診療時間:(月~金):8:30~12:00 主に火曜日のみ

札幌医科大学附属病院

検査費用:不明
検査条件:遺伝カウンセリングに夫婦で参加できる方、妊娠10週以降、市中病院からの紹介制、35歳以上の高齢妊娠の方、胎児が染色体数的変異を有する可能性が示唆された方
住所:北海道札幌市中央区南1条西16丁目291番地
診療時間:9:00~17:30(遺伝カウンセリング:毎週 月曜日午後、金曜日午後)

まとめ

この中では、札幌で新型出生前診断(NIPT)が受けられるおすすめのクリニックをご紹介してきました。

北海道地区は、関東などと比べると医療機関も少なくなりますし、新型出生前診断(NIPT)に対応しているクリニックの数も限られてきます。

ですが、近年ではだんだんと新型出生前診断(NIPT)対応のクリニック数も増えつつありますので、不便を感じることはなくなっていくでしょう。

是非、この記事を参考にしていただき、安心して新型出生前診断(NIPT)を受けられるクリニックを選択してください。